ズボラさんの保湿方法

保湿を怠ると肌はどんな状態に

保湿成分を失った肌はどんな肌?

健康な肌というのは角質層に20~30%の水分がある状態ですが、しっかりと保湿されている肌の水分量は40%と言われていて、比率としては水分8:油分2であることが理想的なバランスです。スキンケアにおいて保湿が大切ということはよく言われていますね。保湿を怠ると一体どんな困ったことが起こるのでしょうか。>肌の保湿情報ならこちらのサイトがおすすめです。

肌の水分量が低下して一番最初に感じるトラブルは乾燥です。肌がかさついたり化粧ノリが悪くなるだけではなく、乾燥することでターンオーバーが低下してしまうと肌のくすみが気になったり、水分不足からハリがなくなります。乾燥した肌では出来てしまった肌トラブルがなかなか治らなくなります。さらに乾燥した肌では紫外線のような外的刺激から肌を十分に守れなくなり、健康な肌と比べてもシミやシワが出来やすくなります。

肌の水分量というのは年齢と共に減少してしまいますが、若くてもホルモンバランスの乱れ、生活環境や生活習慣、間違ったスキンケアから減少してしまいます。ずっと同じようなスキンケアをしていては少しずつ水分量が足りなくなってしまい、乾燥しがちになりますので肌や年齢の変化と共に意識的に保湿することが大切です。

初めはちょっと肌がつっぱるなという程度でもそのまま乾燥をほっておくと、水分不足の肌を守るために過剰に皮脂が分泌するようにもなります。表面はベタつくのに皮膚の内部が乾いているインナードライに気付いたらなっているかも知れません。肌がベタつくのが嫌でスキンケアを怠ると、ますます乾燥は悪化していきます。

肌の乾燥というのは、ただ肌がカサカサと乾いているだけではありません。乾燥している肌ではバリア機能が低下しているため、健康な肌と比べて敏感な状態です。今まで使っていた化粧品が急に肌に合わなくなる、わずかな摩擦刺激から肌荒れを起こしたりと敏感肌になってしまいます。保湿を怠るということは、あらゆる肌トラブルの原因になってしまうということなのです。

Copyright © 保湿を怠ると肌はどんな状態に All rights reserved